タール色素について学びました

2013年11月01日

2年生の食品衛生学実験について紹介させていただきます。

今回は食紅と粉末の清涼飲料水を用いて、食品中のタール色素についての実験を行いました。

タール色素は合成着色料で、食品や化粧品に使用される食品添加物です。

試料に白色の毛糸と試薬を加えて加熱しました。

タール色素が存在すると毛糸は着色されます。

結果は、食紅・清涼飲料水とも染色され、タール色素が存在する可能性があると考えられました。

実験を通して、食品添加物についての知識を深めることができました。

  • PAGETOP