食品加工学実習の風景です

2013年11月06日

今回は食品加工学実習の授業風景をご紹介します。

種実類の加工ということで、栗の甘露煮を作りました。くちなしの実を細かく砕き、栗に黄色い色を付けていきます。

きれいな色に仕上がれば、砂糖を少しずつ加え煮ていきます。

学生たちは栗が崩れないように、慎重に鍋の中の様子を確認していました。

艶良く煮詰まった栗を消毒した瓶に丁寧に詰め、瓶の中の空気を抜いて殺菌します。

旬の食材を使った授業にみんな秋を感じていました。

  • PAGETOP