給食経営管理実習室ではさまざまな機器を使って実習が行われます

2011年02月14日

給食経営管理実習室には、一度に200食前後という大量調理ができる機器がそろっています。

その中のひとつ『ブラストチラー』は、食材の温度を急速に下げることができます。

例えば、ゆでた野菜を冷ましてサラダにしたり、ゼリーなどの冷たいお菓子を作るときに使います。

食品の温度をすばやく下げると細菌が増えにくくなり、食中毒の予防に役立ちます。

大勢の人に安全に食べてもらうため、さまざまな機器を使って実習が行われます

  • PAGETOP