大菓祭/技能選手権大会

大菓祭/
技能選手権大会Event

大菓祭

濃密な、約3ヶ月の制作期間。それぞれのテーマを独自に表現

卒業制作は、すべて学生が一人で考え、材料を調達し、自分だけのチカラで完成させます。期間は約3ヵ月。毎日の授業を受けながら、放課後や空き時間を使ってする作業も、段取りなどの実践力強化につながっています。もちろん、先生からのアドバイスなどは自由に受けられます。

  • イメージスケッチ作成
    1.イメージスケッチ作成
    作品イメージを具体的にスケッチ。試行錯誤が次のチカラになります。
  • 使用材料の発注書提出
    2.使用材料の発注書提出
    予算内で効率的な調達を行い、さらに到着日まで計算して発注します。
  • ベース・パーツ作成に着手
    3.ベース・パーツ作成に着手
    量が多く細かい部分、飾りなどもストックしていきます。
  • 先生からのアドバイスも参考に
    4.先生からのアドバイスも参考に
    困った時は先生からのアドバイスがヒントに。でも、やりきるのは自分です。
  • 授業の合間、放課後も作業
    5.授業の合間、放課後も作業
    作業も大詰め。時間があれば授業の合間も作業場に。追い込みに入ります。
  • 最後の仕上げは念入りに
    6.最後の仕上げは念入りに
    おいしさも大切だけど、見栄えも重要。慎重に最後の仕上げを行います。
  • 理事長賞受賞者
    「春のおとずれ」
    「春のおとずれ」

    大阪府立生野高等学校出身藤原 可奈さん

  • 学院長賞受賞者
    「銀無垢の夢〜sterling rose〜」
    「銀無垢の夢〜sterling rose〜」

    愛媛県立今治北高等学校出身渡辺 和人さん

技能選手権大会

製菓技能選手権大会は日頃の学習で学んだ技術の成果を発表する場として、毎年、 2日間にわたって開催されています。 1年生が全員参加で12部門の競技が行われ、各部門の優秀者は表彰され ます。 また、この大会は“製菓の運動会”とも呼ばれており、製菓基礎技術向上の場として 例年大きな盛り上がりをみせています。

「技能選手権大会」の審査基準と表彰

各種目の審査基準は、定められた時間内で、どのくらい正確に、美しく仕上げること ができるかがポイントになります。厳しい審査を経て、クラス対抗によるグランプリ (理事長賞)のほか、10数種目の部門表彰として1~6位が表彰されます。

  • 1年生 競技種目
PAGETOP