海外特別実習/海外特別講師授業

海外特別実習/
海外特別講師授業Event

ヨーロッパで一流に学び、世界の匠の授業を受ける。

海外特別実習

現地の有名製菓学校で、本物の味と技に触れ、
お菓子づくりの奥深さと真髄を理解する

本校では、お菓子の本場・ヨーロッパへの特別実習を行いました。訪問先はドイツ、フランス、オーストリアなど。単なる見学ではない本気の「実習」を授業の一環として行うもので、現地の一流の講師陣から匠の技を学ぶとともに、味覚の多様性や製菓産業の伝統・文化への理解を深め、さらには販売・ディスプレイの方法なども吸収することがねらいです。

  • フランス菓子ルーアン
    INBP(フランス国立製パン製菓学校)
    フランス人の考え方や歴史・文化などを学習。パリ市内では有名菓子店を見学し、お菓子や店内の雰囲気、サービスから洋菓子を提供する際に必要なことを学び、吸収しました。
    INBP(フランス国立製パン製菓学校)
  • フランス菓子リヨン
    ENSP(フランス国立高等製菓学校)
    他国からも多くの菓子職人が腕を磨きに訪れる名門校・フランス国立高等製菓学校で特別授業を受講。ルリジュールなど、色彩豊かなフランス菓子7~8品目を学習しました。
    ENSP(フランス国立高等製菓学校)
  • フランス菓子パリ
    ベルエ・コンセイユ / アンジェリック
    MOF取得の教授陣が多い「ベルエ・コンセイユ」で、7~8品目のデモと講習を受講。千葉好男氏経営のパティスリー「アンジェリック」では、厨房見学とセミナーを行いました。
    ベルエ・コンセイユ / アンジェリック
  • ドイツ菓子ビーレフェルト
    ビーレフェルド製菓技術専門学校
    マイスター制度のある国、ドイツのお菓子には昔ながらの伝統が色濃く残っています。バームクーヘン、クッキーなど、懐かしいテイストの焼き菓子学習に最適のシーズン、クリスマス前後に訪問しました。
    ビーレフェルド製菓技術専門学校
  • ウィーン菓子ウィーン
    WIFI(セントテルペン校)
    WIFI(アイゼンシュタット校)
    ウィーン菓子のルーツをたどり、チョコやチーズ系のお菓子づくりを経験し、創造・アレンジ力を身につけました。
  • イタリア菓子フィレンツェ
    WIFI(セントテルペン校)
    モンテカティーニ製菓学校
    お菓子の歴史はフランスより古いイタリア菓子。主にアイス、ティラミスなどのデザート系を学習しました。

希望者のみ(別途費用) ※最小催行人数の設定あり

海外特別講師授業

世界で活躍するプロフェッショナルが来校
一流のテクニックを学ぶ贅沢な授業

本校では、国際的に活躍するプロを招いて行う特別授業を毎年開催しています。日本にいながら、世界で活躍するプロフェッショナルの技術が学べる貴重な機会として、学生にも好評です。

フレデリック・アヴェッカー

2015年来校

フレデリック・アヴェッカー
2011年 MOF(フランス国家最優秀職人)
2015年までのMOFコンクールチョコレート部門において、8年間で唯一のMOFホルダー。現在は、故郷である南仏プロヴァンス シャトールナールの自店「アヴェッカー」のオーナーシェフとして活躍中。これまで世界各国の製菓講師として、技術指導を担当。
  • 2014年来校

    アンジェロ・ミュザ
    アンジェロ・ミュザ
    クープ・ド・モンド(リヨン)フランス代表 優勝(2003)
    フランス国家最優秀職人MOF(製菓部門)獲得(2007)
    1991年、フランス・ロレーヌ地方の製菓店でキャリアをスタートさせる。その後、働く製菓店ではアントルメ、デコレーションの責任者に任命され、パリの製菓店では商品開発総責任者兼務のパティシエとして活躍。上記タイトルのほか飴細工等の多くのコンクールで優勝を重ねる。2008年には製菓コンサルタント会社を設立し、指導者としても活動。現在はロレーヌの町メスで最も伝統ある洋菓子店「パティスリー・ブルギニョン」で、日々伝統的かつモダンなパティスリーの新商品を開発中。
  • 2013年来校

    ジュリアン・アルバレス
    ジュリアン・アルバレス
    クープ・ド・モンド・パティスリー・2011チャンピオン
    2006年、 スペインのバルセロナ、カルス・マンペル氏(スペイン最優秀製菓職人)の製菓店「パティスリ・ブボ」でパティシエとして働き始める。その後、2008年から2009年までは、 パリにあるアンジェロ・ミュザ氏とフィリップ・コンティシ一ニ氏の製菓店「パティスリー・デ・レーブ」でパティシエの製造責任者となる。2011年のクープ・ド・モンド・パティスリーでは、 スペイン代表で総合優勝を獲得。現在はパリにあるプロを対象とした製菓専門学校「ベルエ・コンセイユ」で、ジャン・ミッシェル・ペルション氏の下、製菓講師として活躍中。
  • 2012年来校

    ペーター・ミラウツ
    ペーター・ミラウツ
    オーストリアマイスター
    1943年6月オーストリア・ニーダーエスタライヒ州マウテルン市出身。クレムス市にて3年間の見習いと5年間のゲゼル(職人期間)を経て、1966年オーストリアマイスター資格を取得。その後ヨーロッパ各地のホテルなどで修業を積む。1980年オーストリアマイスター資格試験準備コース責任者に任命される。ザルツブルグにて毎年開催されるマジパン細工専門講座講師を務める。1993年エスタライヒ州菓子組合より「黄金のピン」を授与される。クレムス市内のハークマン菓子店の工場長として活躍(現在は退職)。1999年よりWIFIセントペルテン校で大手前製菓学院のウィーン菓子海外研修授業の指導者。
  • 2011年来校

    フランク・ミッシェル
    フランク・ミッシェル
    MOF(フランス国家最優秀製菓職人)
    1983年、ロレーヌの製菓店でパティシエとしてのキャリアをスタート。その後、お菓子の国際的権威であるRelais Desserts International(ルレ・デセール・インターナショナル)の名誉会長のもとでアントルメ責任者に。パリの製菓店でシェフパティシエ、製菓開発責任者を経て、DGFの製菓学校教授を務める。2004年MOF(製菓部門)獲得をはじめ、数々のタイトルを受賞。2006年にはWPTC(製菓世界大会)ではフランス代表で優勝している。2007年独立し、現在は世界を舞台に講師、製菓コンサルタントとして活躍中。
  • 2010年来校

    クリスチャン・カンプリニ
    クリスチャン・カンプリニ
    MOF(フランス国家最優秀製菓職人)
    1964年フランス・Nice生まれ。20歳から南仏のホテルでパティシエとして働きはじめ、その後レストラン・ルイXV(ミシュラン3つ星)等各地でパティシエとして働く。その間1994年にはアルパジョン杯飴細工部門で部門賞を獲得、2000年にはニースで開催された欧州首脳会議でパティシエを務めヨーロッパ全土にその名が広がる。2004年に『MOF(チョコレート・砂糖菓子部門)』を獲得、現在はオーナーシェフとして活躍する傍ら、全世界でコンサルタントとしても活躍中。
PAGETOP